お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

保育士資格取得の最短ルートは?

> > 保育士資格取得の最短ルートは?

2016.01.25
更新

保育士資格取得の最短ルートは?

保育士になりたい、そう思ったら、知りたくなるのはどのぐらいの期間でどのルートでとれば最短で保育士の資格をとれるのか、ということでしょう。大学や短期大学などの保育士を養成する学校に行く以外にも、保育士になるためのルートはあります。早速ご紹介しましょう。

通学講座を探す通信講座を探す

保育士資格取得の最短ルートは?

最短6ヶ月で取得!

保育士の資格を取得するためには、保育士になるための過程を持った短期大学や大学・専門学校を卒業する方法しかないと思っていませんか。これらの学校に行かなくても、何と最短6ヶ月で保育士の資格をとることができる方法があります。

それが、資格試験を直接自分で受けるというやり方です。世の中には、保育士の資格試験受験をサポートする講座がたくさんあります。その講座を利用して、またはテキストを買って独学で、資格試験の勉強をするのです。大学や短期大学・専門学校に通えば卒業と同時に資格が手に入る代わりに2〜3年は週5日学校に通わなければならないですが、この方法だと受験勉強の進み具合によっては、6ヶ月の勉強でも資格取得が可能です。また、学費も保育士を養成する学校に行くのに比べ、格段に安く済みます。

養成校に通うには場合によっては100万円単位で授業料が必要なのと比べ、例えば通信講座だと数万円という例もあるぐらいです。ただし、勉強の進み具合によっては、必ずしも半年間の勉強で資格試験に受かるというわけではありませんので注意を要します。また、保育士の国家試験を受けるためには、短大や専門学校、大学を卒業している・〇単位以上これらの学校でとった実績がある・現場で〇年以上働いたことがあるなどの条件がありますので、しっかりと下調べをする必要があります。受験資格は、一般社団法人全国保育士養成協議会のホームページなどで確認できます。

今高校生で今後の進路を考えている人だと、費用と時間がかかっても養成校に行って確実に資格をとるのが最短ルートかもしれませんし、今別の仕事をしている人や家事・育児に忙しい人なら、サポートのための講座を受けて試験を受けた方が費用と時間を節約しながら保育士の資格がとれるでしょう。

講座の選び方

「保育士とは全く別の道を進んできたけど今からでも保育士になりたい」という方のための講座は数多くあります。費用はそれぞれに違いますし、特色もそれぞれにあります。重要なのは、自分に合った講座を選ぶということです。他の仕事で働きながら、また家事・育児をしながら資格試験の勉強ができるというのは、これらの講座を利用して保育士の国家試験を受ける大きなメリットです。ぜひ挑戦してみてください。

保育士の試験は毎年あり、筆記試験と実技試験を受けることが必要です。筆記試験は、保育の心理学・保育原理など9科目あります。実技試験は、音楽表現に関する技術・造形表現に関する技術・言語表現に関する技術のうちから2科目選択制です。筆記試験だけでなく、実技試験の対策もできる講座も多いです。講座には、DVDやCDを多用したものや、テキストの分かりやすさをうたったもの、添削・質問などが受けられるものなどがあります。それらのサポートを決まった年数延長できるものもあります。また、テキストのわかりやすさも講座を選ぶポイントとなるでしょう。スクーリングがある講座では、実際の講師の声や同じく保育士を目指す人との出会いなども期待できるかもしれません。

また、保育の分野は法改正が意外にある分野です。最新の情報をもとにしたテキストかどうかも気にするようにしましょう。こうした講座の多くは、無料で資料をとりよせることができます。ぜひ比較・検討してみてください。

通学講座を探す通信講座を探す

保育士関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.