資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

独立してフリーランスのWebデザイナーになるには?会社員とフリーランスの違いも紹介!

「会社員から独立してWebデザイナーになりたい。フリーランスのWebデザイナーとして自分の力を試したい。」とフリーランスのWebデザイナーに夢や憧れを持つ方もいらっしゃると思います。
フリーランスのWebデザイナーとして仕事をするためには何が必要なのでしょうか。また、会社員とフリーランスのWebデザイナーはどこが違うのでしょうか。
この記事では、フリーランスのWebデザイナーとして独立するために知っておきたい知識をまとめました。
ぜひ参考にして頂けましたら幸いです。

公開:2020-08-20 (最終更新:2020-08-20)

フリーランスのWebデザイナーとして独立するにはどうすればよい?

独立してフリーランスのWebデザイナーになるには?会社員とフリーランスの違いも紹介!のイメージ

知識をつけ、実務経験を重ねておく必要がある!

フリーランスのWebデザイナーとして独立するためには「知識」と「実務経験」が必要です。
フリーランスのWebデザイナーとして仕事をするためには、Webデザイナーとしての知識が不可欠になります。
フリーランスのWebデザイナーは自分自身の腕前で仕事を受注し、報酬を得る仕事です。
仕事における技術や知識があってこそ、Webデザイナーとして仕事を続けられるのではないでしょうか。Webデザイナーとしての知識が不十分だと、フリーランスのWebデザイナーとして独立しても、依頼者が満足する仕事の完成度を保てないかもしれません。
また、依頼者がWebデザインの仕事をお願いする上でWebデザイナーとしてのアドバイスや意見を求めても、知識がなければアドバイスや意見も伝えられないはずです。
Webデザイナーのプロとして活躍するためには、知識を深めておくことが重要なポイントになります。

さらに、フリーランスのWebデザイナーには実務経験も必要です。
フリーランスのWebデザイナーは、依頼者との打ち合わせや営業なども基本的に自分で行います。
実務経験がないと、依頼者と打ち合わせをしようにも、どのように行えば良いのか分からないかもしれません。
実務経験を積んで仕事に関する多様な業務を経験しておくことができれば、フリーランスとして独り立ちしても、スムーズに仕事をこなせるのではないでしょうか。
実務や営業、打ち合わせ、交渉など、具体的な仕事の流れを知るためにも、Webデザインの会社に何年か勤務して経験を積んではいかがでしょうか。
会社に所属することで、社内のデザイナーやプログラマー、ディレクターなどと情報交換ができたり、人脈が増えたりと、フリーランスになった際に仕事を受注しやすくなる可能性もあるでしょう。

Webデザイナー講座・スクール比較

会社員のWebデザイナーとフリーランスのWebデザイナーの違いとは?

違い(1)働く場所・時間

ここからは、会社員のWebデザイナーとフリーランスのWebデザイナーの違いを見ていきましょう。
まず、「働く時間」と「働く場所」が違います。
会社員のWebデザイナーは、あくまで会社員ですので、会社の就業規則に従わなければいけません。
会社の規則で仕事の時間が10時から18時と定められていれば、Webデザイナーの仕事を勤務時間内に行うことになります。残業や仕事の持ち帰りについても会社のルールに従うことになるのです。
会社のルールに反して就業時間を自分の都合で勝手にずらすことはできません。
また、会社規定に有給の取得などで休みを取ることはできますが、自分勝手に会社を休むことは難しでしょう。
会社規則を順守することができない場合、評価が下がってしまったり、最悪の場合は解雇となってしまう可能性もあります。

一方、フリーランスのWebデザイナーは、働く時間を自分で決められます。
依頼者が指定した日付・納期までに仕事を完成させれば問題ないのがフリーランスのメリットと言えるでしょう。
自分が仕事をしたい時間に仕事をして、休みたい日に休みを取る。
最終的に仕事を納期通りに完成させれば、いつ仕事をしても問題ありません。
複数の仕事を依頼された場合、無理にすべての仕事を引き受けて納期に間に合わないという事態にならないよう、スケジュール管理が大切となり、時には依頼を断ることも必要になるでしょう。

そして、会社員とフリーランスでは、働く場所も異なります。
会社員のWebデザイナーは会社へと出勤して仕事をするという方が多いかもしれませんが、フリーランスのWebデザイナーは自宅や自分の借りたオフィスなどが仕事場になるのです。

違い(2)仕事の選択権

次に、「仕事の選択権」の違いが挙げられます。
会社員のWebデザイナーは、会社側に指示された仕事をしなければいけません。
会社に所属している以上、会社の与えた仕事をこなす必要があります。仕事の選択権は会社側にあるので、Webデザイナー自身に仕事の選択権はないと考えられるでしょう。
仮に、会社側に部署異動を命じられてWebデザイン以外の仕事をすることになっても、会社側の判断なので個人的な感情・気分だけで仕事を投げ出すことはできません。
そのため、やりたくない仕事も会社側の判断でしなければいけないケースもあります。
仕事の選択権はあくまで会社にあり、会社に指示された仕事をこなす。
これが会社員Webデザイナーと言えるでしょう。

一方、フリーランスのWebデザイナーは、仕事の選択権は自身にあります。
フリーランスとして独り立ちしてすぐは、単価の低い仕事なども、スキル磨きや生活のために受けることもあるかもしれません。
しかし、実力がついていったり継続的な取引先などができれば、ある程度自分の選択で仕事の受注を決めることも可能でしょう。
仕事を受けるか受けないかを決めるのは、Webデザイナー自身になります。
フリーランスのWebデザイナーが「やりたい」と思うのであれば仕事を受ければいいですし、「やりたくない」と思うのなら、仕事の受注を控えることも可能です。
仕事の依頼金額やスケジュールを踏まえ、本当にやりたい仕事をWebデザイナー自身が選べるのがフリーランスの良いところではないでしょうか。

違い(3)給料や収入

さらに、「給料や収入」にも違いがあるようです。
会社員のWebデザイナーは会社員ですから、会社から給料が支払われます。
Webデザイナーとしてのスキルが向上してより難しい仕事を任せられるようになったり、仕事を他の社員より多くこなしたりしても、昇給がなければ給料はそのままです。
会社の経営状況が悪くなければ給料やボーナスが減る可能性もあるため、良くも悪くも収入は会社次第と言えるでしょう。

その点、フリーランスのWebデザイナーは会社に所属していませんので、決まった額の給料が存在しません。仕事を自分で受注してこなし、依頼主から報酬という形で受け取るお金が収入になります。
フリーランスのWebデザイナーの収入は仕事の量や単価によって決まります。
単価の大きな仕事を多く受注すれば収入も多くなるのです。
フリーランスの収入は会社の給料のように額が決まっておらず、会社の経営状況にも左右されません。そのため、仕事を多く受注したり、単価の大きな仕事を多く引き受けたりすれば、収入はさらに増える可能性もあるでしょう。

Webデザイナー講座・スクール比較

まとめ

この記事ではフリーランスのWebデザイナーとして独り立ちするときに必要なことや、会社員とフリーランスのWebデザイナーの違いについて解説してきました。
フリーランスのWebデザイナーを夢見ている方や、現に独立を考えている方は、フリーランスのWebデザイナーになるための基礎知識としてこの記事を参考にしていただければ幸いです。
そして、フリーランスのWebデザイナーとして独り立ちするための準備を入念にするために、違いやフリーランスに必要なことについて、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

Webデザイナー講座・スクール比較

関連特集

さらに詳しく

Webデザイナーの資料請求

デジタルパンフレットがあるスクール 通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

Webデザイナーの関連資格
DTPデザイナー Webデザイナー WEBディレクター Dreamweaver(ドリームウィーバー) Fireworks Adobe Photoshop(フォトショップ) Adobe Illustrator 携帯、iPhone、スマートフォン サイト制作 InDesign・電子書籍

おすすめスクールレポート

シカク情報部新着記事一覧
米大手企業も取り入れる科学的心理メソッド!国内外で今話題のポジティブ心理学を学ぶ 米大手企業も取り入れる科学的心理メソッド!国内外で今話題のポジティブ心理学を学ぶ 2020年12月03日
全養協日本語教師検定ガイダンスを動画配信で!(オンライン/無料) 全養協日本語教師検定ガイダンスを動画配信で!(オンライン/無料) 2020年12月02日
履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 2020年12月02日
【限定案内】働き方の選択肢を自在に広げる国家資格「キャリアコンサルタント」の最新情報とイベント案内 【限定案内】働き方の選択肢を自在に広げる国家資格「キャリアコンサルタント」の最新情報とイベント案内 2020年12月02日
日商簿記検定試験(2級3級)ネット試験導入|2020年12月に施行開始予定 日商簿記検定試験(2級3級)ネット試験導入|2020年12月に施行開始予定 2020年12月02日

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9時から21時

生徒募集にお悩みですか?
BrushUP学びオリジナル適職診断&おすすめ資格
BrushUP学び 学び・キャリア相談サービス