資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

30代未経験者がWebデザイナーになるには?成功事例を紹介!

「Webデザイナーになって活躍したい」と思っても、自分のスキルの無さや年齢を理由に諦めてしまう方も多いかもしれません。
しかし「30代で未経験」は本当にWebデザイナーになれないのでしょうか。
今回は30代未経験者がWebデザイナーになるために必要なことについて解説します。
年齢による環境を想定し、どんなスキルや知識をどのように身につければ良いのか、ぜひこの機会に知っておいてください。

公開:2020-07-22 (最終更新:2020-11-16)

そもそも、30代未経験者がWebデザイナーになることはできるのか?

30代未経験者がWebデザイナーになるには?成功事例を紹介!のイメージ

30代前半(30歳~35歳)と30代後半(36~39歳)でも変わってくる!

「30代・未経験」であっても、スキルさえあればWebデザイナーになることは可能です。
ただし、実践的な基本スキルを身につけていることと、年齢に伴った環境を想定しておく必要はあるでしょう。
スキルの修得については後述しますので、まずは「年齢に伴った環境の想定」について解説します。

一口に「30代」と言っても、その開きは10年です。
「30代前半」「30代後半」と大きく分けて考えておいた方が良いかもしれません。

【30代前半(30~35歳)】
・Web制作会社への就職は可能
・上司(チームリーダーなど)が年下である可能性が高いため、素直さが求められる
・激務の可能性があり、気力・体力・モチベーションの維持が求められる

【30代後半(36~39歳)】
・Web制作会社への就職はやや困難
・同年代が管理職(部長職など)を務めていることが多い中で、20代と働くプレッシャーを感じやすい
・同じ未経験者でも20代と比較され雇い止めとなどとなってしまう可能性もある

Web制作会社への就職自体は、30代でもできないことはなさそうです。
ただし、やはりWeb制作会社が欲しいのは、技術的にも人間的にも伸びしろがありそうな20代でしょう。
そういう意味では「30代・未経験」でのWeb制作会社への就職は瀬戸際かもしれません。

まず、Web業界自体がまだ若く、上司や管理職が年下ということも大いに考えられます。
年下から指示をされたり、指摘を受けることも多いでしょう。
そこで「年齢に関係なく、素直に指導を受けられるかどうか」は企業側も気にしていることかもしれません。

次に懸念されるのが気力や体力、そしてモチベーションの維持ができるか、ということです。
Web制作会社は激務であるところが多いため、気力面や体力面に余裕がなければ続けることが難しくなります。
近年では、働き方改革によってさまざまな手法が導入され、残業なども少なくなるよう整備されてきてはいるようです。
しかし、まだそれが当たり前というところまでは来ていないでしょう。
自分が激務に耐えられるだけの気力や体力を備えているか、という点は確認しておいた方が良さそうです。

また「Webデザイナーとして働きたい」というモチベーションを、常に保ち続けられるかという点も大きなポイントです。
若い年代に囲まれて、未経験者として働く中で、その気持ちを持ち続けるのは簡単なことではないかもしれません。
まずは自分が「なぜWebデザイナーとして働きたいのか」など、モチベーションの元となる部分を明確にしておくと良いでしょう。

さらには、30代後半の未経験者が繁忙期のアルバイトや派遣社員として雇用されたとしても、繁忙期の終わりと共に雇い止めとなるケースもあるようです。
繁忙期のアルバイトから、数名を継続して雇用する場合、やはり企業としては伸びしろのある20代の方を選ぶ傾向があるのかもしれません。
繁忙期のアルバイトなどの短期間では難しいことですが、30代後半であることがメリットと感じてもらえるような働きを意識すると良いかもしれません。

Webデザイナー講座・スクール比較

30代未経験者がWebデザイナーになるために必要なスキルとは?

デザイン、コーディングなどの「スキル」が必要!

次に「30代・未経験」がWebデザイナーになるために必要な「スキル」について解説します。
Webデザイナーになるために、必要なスキルは主に以下の3つです。

(1)デザイン知識
(2)コーディングスキル(Webデザインに必要なプログラミングスキル)
(3)Webデザインツールのスキル(ツールを用いてデザインをするスキル)

デザイン知識とは配色やタイポグラフィー・レイアウトやレスポンシブWebデザイン、そしてUI/UXについての知識です。
特にUI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)は、Webデザイナーの価値を左右する大切な知識と技術であるとも言われています。

次にコーディングスキルは、HTMLやCSS、JavaScriptやjquery、などです。
これらは実際のサイトで表現される、文字やレイアウトを作成し動きをつけるためのスキルです。
どれもWebデザイナーには欠かせないスキルと言えます。
他にもPHPやWordPress・CSSフレームワーク・gitなど、知識を得ておくと使えるコーディングスキルはたくさんあります。

最後にWebデザインツールのスキルです。
WebデザインにはPhotoshopやillustratorというソフトを使います。
Photoshopとは、写真や画像を加工したり変化させたりできるソフトです。
illustratorとは、名前の通りイラスト作成をするソフトで、オリジナルのイラストやロゴの作成などもできます。これらのソフトを使いこなし、コーディングと併せることでよりイメージに近いデザインを表現できるようになるようです。

Webデザイナー講座・スクール比較

まとめ

当ページでは、30代の未経験者の方がWebデザイナーとして働くことができるのか、どのようなスキルがあると良いのかなどについてご紹介をしてきました。

30代前半であれば就職はできますが、20代の方が上司やリーダー、先輩となる可能性も考えられるため、スキルだけでなく、指摘などを素直に受け止め、対応していくことも求められるでしょう。
なので、30代から未経験でWebデザイナーになるためには、年齢でのハンデをカバーできるスキルを習得し、活用できる力を持っておくことが重要になるかもしれません。
Webデザイナーの職業で活かせるスキルを身につけるには、スクール・学校などの通学・通信講座の受講がおすすめですので、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

Webデザイナー講座・スクール比較

関連特集

さらに詳しく

Webデザイナーの資料請求

デジタルパンフレットがあるスクール 通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

Webデザイナーの関連資格
DTPデザイナー Webデザイナー WEBディレクター Dreamweaver(ドリームウィーバー) Fireworks Adobe Photoshop(フォトショップ) Adobe Illustrator 携帯、iPhone、スマートフォン サイト制作 InDesign・電子書籍

おすすめスクールレポート

シカク情報部新着記事一覧
米大手企業も取り入れる科学的心理メソッド!国内外で今話題のポジティブ心理学を学ぶ 米大手企業も取り入れる科学的心理メソッド!国内外で今話題のポジティブ心理学を学ぶ 2020年12月03日
全養協日本語教師検定ガイダンスを動画配信で!(オンライン/無料) 全養協日本語教師検定ガイダンスを動画配信で!(オンライン/無料) 2020年12月02日
履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 2020年12月02日
【限定案内】働き方の選択肢を自在に広げる国家資格「キャリアコンサルタント」の最新情報とイベント案内 【限定案内】働き方の選択肢を自在に広げる国家資格「キャリアコンサルタント」の最新情報とイベント案内 2020年12月02日
日商簿記検定試験(2級3級)ネット試験導入|2020年12月に施行開始予定 日商簿記検定試験(2級3級)ネット試験導入|2020年12月に施行開始予定 2020年12月02日

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9時から21時

生徒募集にお悩みですか?
BrushUP学びオリジナル適職診断&おすすめ資格
BrushUP学び 学び・キャリア相談サービス