資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

Webデザイナーの年収(給料・収入)は?年収1000万円を目指す方法も紹介!

WebデザイナーはWeb業界の中でも人気の職業です。
技術を学べば、誰でもWebデザイナーとして働くことができます。
しかし、気になるのは給料や収入ではないでしょうか。
今回は、Webデザイナーの平均年収はどれくらいなのか、Webデザイナーとして年収1,000万円を得るにはどうすれば良いのかなど、Webデザイナーを目指す人が気になることについて解説します。

公開:2020-07-22 (最終更新:2020-11-16)

Webデザイナーの年収(給料・収入)はどのくらい?

Webデザイナーの年収(給料・収入)は?年収1000万円を目指す方法も紹介!のイメージ

年収はおおよそ300~400万円!

Webデザイナーの平均年収は300~400万円です。
ただし、これは平均年収のため、雇用形態・勤務先の規模や年齢によってバラつきがあります。

まず、雇用形態は「正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト」の4種類です。
雇用時の契約にもよりますが、一般的には正社員がもっとも高い年収が約束されます。

次に、勤務先の規模は中小企業よりも大企業の方が高い年収を期待できるでしょう。
Webデザイナーを雇用するWeb広告企業には比較的若い会社が多いという特徴があります。
これは、Web業界自体がこの20年ほどの間に大きくなったためです。
特にWebデザイナーが働くWeb広告企業には、設立年数も社員年齢も若い中小企業が多く、競合と競いながら経営をしています。
受注単価が下がる傾向にあるため、中小企業は多くの仕事をこなす必要があり、経験やスキルが浅い人材を雇用しやすく、その結果年収の相場が低くなっていると考えられます。
一方、大企業は安定した収益を上げやすく、顧客からも品質を求められるため、高いスキルを持ったWebデザイナーが求められます。
収益が保たれている分、約束される年収も高めです。
しかし、取扱案件の種類や内容が豊富なため、一人当たりの業務量は多く範囲も広くなり、Webデザイナーの仕事と隣接した他業務も担当することになります。

最後に年齢です。
Webデザイナーは技術職のため、年齢が上がるほど高いスキルが身についていると期待されやすく、その分年収も高くなるといえます。
実際に、Webデザイナー20代の平均年収は250万~300万円、30代で350万~450万円弱、40代以上になると500万円が見えてくると言われています。

Webデザイナーは他の職業などと比較すると男女での年収差が少ないという点も注目されています。
厚生労働省のデータによると、Webデザイナーの男女平均年収の差は約80万円ほどのようです。
つまり、Webデザイナーは女性でも十分に高収入を目指すことができる職業といえるのではないでしょうか。

Webデザイナーの年収は、Web関連の他業種(WebディレクターやWebプロデューサーなど)に比べると、確かに少し低めです。
しかし、需要は高く、スキルアップを重ねていけば年収アップは十分に期待ができそうです。
具体的にはHTML、CSS、JavaScriptを使ってのコーディング、WordPress構築などのスキルが身につくと、年収が400~500万円になることもあります。
また、中小企業であっても、Webデザイナーのスキルに磨きをかけ、WebディレクターやWebプロデューサーに昇進するというキャリアパスを用意しているところもあるようです。

Webデザイナー講座・スクール比較

Webデザイナーが年収1,000万円を目指せすことは可能?

フリーランスであれば、年収1,000万円以上も目指せる!

先に、Webデザイナーの平均年収は300~500万円とお伝えしました。
しかし、それは企業に雇用された場合です。

フリーランスのWebデザイナーとして働くことで、年収1,000万円以上の収入を目指すことができます。
フリーランスは、会社勤務と違って時間に縛られることがないため、自分のペースで仕事を行うことができます。
収益はすべて自分のものになるため、収入は大きくなります。

ただし、フリーランスになっただけでは年収1,000万円を得ることは難しいでしょう。
フリーランスのWebデザイナーで、年収1,000万円以上を目指すには3つの条件があります。

(1)高いスキルと豊富な知識を持っている
まずは当然必要となるのは、Webデザイナーとしての高いスキルです。
また、Webデザインスキルだけでは足りず、クライアントが求める集客ができるよう、SEOの知識も豊富でなければいけません。
さらには、SEO知識をWebデザインに生かせるアイデアや工夫も必要です。
つまり、一人で、ディレクション・デザイン・コーディング・JavaScriptやPHPによるプログラミング・WordPress構築まで一貫できるだけのスキルが必要ということです。

(2)サイト作成など多くの実績を用意している
フリーランスは、自身で自分を売り込んで仕事を見つけなければなりません。
そのために必要なのは、過去の実績です。フリーランスの売り込みは、自分がこれまでにどのような仕事を手がけ、どのような効果がどれくらいあったのか、という実績を基に行います。
この過去の実績があやふやであったり、説得力に欠けると、報酬を安く設定しなければ仕事が取れないという状況に追い込まれます。
年収を上げるには、高いスキルを適性な価格で提供することが大切です。報酬が安いだけのWebデザイナーは多くいます。その中から、高い報酬を払ってでも、この人に依頼したいと思わせるような説得材料を用意しましょう。

(3)人脈を使って仕事の間口を増やす
フリーランスは自分で仕事をとります。
しかし、自分一人で獲得できる仕事には限りがあるでしょう。
そこで必要になるのが人脈です。
同業の企業や関連会社、その社員などさまざまな人とつながっておく必要があります。
つながりを持っていれば人づてに仕事をもらえることもあるためです。

人脈を広げるにはさまざまな方法がありますが、どんな人脈にも共通しているのは、質の良いコミュニケーションを築くということです。
WebデザイナーはWeb上での仕事ですが、どんな仕事も人でつながっていることに変わりはありません。
また、友人や知人など思わぬところから仕事が舞い込む可能性もあります。

相手によってコミュニケーションの質を変えるのではなく、どんな人とも繋がりを大切にするよう、常に心がけるようにしましょう。

年収1,000万円を稼ぐのは簡単なことではありません。
しかし、上記3つを徹底して行うことで可能性は高まります。
自分のスキルを磨き、そのスキルを形にして売り込む、そして周りの人の力を借りてさらに仕事を広げていく、この3つを一連の流れとして自分の中に取り込む必要があります。

Webデザイナー講座・スクール比較

まとめ

当ページでは、Webデザイナーの年収・給料などについてご紹介してきました。

Webデザイナーの平均年収はおおよそ300~400万円ですが、雇用形態やフリーランスによって異なります。
企業にお勤めになる場合も、フリーランスとして働く場合も、高い収入を得るためには、Webデザイナーとしての高いスキルが必要になるといえます。
高いスキルを得るためには、スクールなどの通学・通信講座の受講がおすすめです。講座の比較・検討には資料請求が便利です。ぜひご検討されてみてはいかがでしょうか。

Webデザイナー講座・スクール比較

関連特集

さらに詳しく

Webデザイナーの資料請求

デジタルパンフレットがあるスクール 通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

Webデザイナーの関連資格
DTPデザイナー Webデザイナー WEBディレクター Dreamweaver(ドリームウィーバー) Fireworks Adobe Photoshop(フォトショップ) Adobe Illustrator 携帯、iPhone、スマートフォン サイト制作 InDesign・電子書籍

おすすめスクールレポート

シカク情報部新着記事一覧
米大手企業も取り入れる科学的心理メソッド!国内外で今話題のポジティブ心理学を学ぶ 米大手企業も取り入れる科学的心理メソッド!国内外で今話題のポジティブ心理学を学ぶ 2020年12月03日
全養協日本語教師検定ガイダンスを動画配信で!(オンライン/無料) 全養協日本語教師検定ガイダンスを動画配信で!(オンライン/無料) 2020年12月02日
履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 履歴書に書ける資格「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」のことが何でも分かる無料説明会/ハートフルライフカウンセラー学院 2020年12月02日
【限定案内】働き方の選択肢を自在に広げる国家資格「キャリアコンサルタント」の最新情報とイベント案内 【限定案内】働き方の選択肢を自在に広げる国家資格「キャリアコンサルタント」の最新情報とイベント案内 2020年12月02日
日商簿記検定試験(2級3級)ネット試験導入|2020年12月に施行開始予定 日商簿記検定試験(2級3級)ネット試験導入|2020年12月に施行開始予定 2020年12月02日

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9時から21時

生徒募集にお悩みですか?
BrushUP学びオリジナル適職診断&おすすめ資格
BrushUP学び 学び・キャリア相談サービス