資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

独学で取得が目指せる食育・栄養関連資格!

食べることは生きる上で最も根本的な活動。食べることなくして、人は知識を蓄えたり、体を大きくしたりすることはできません。より良い食は、より良い人生につながる…という考えから、2005年食育基本法が成立しました。

健全な食生活を実践したり、それを指導したりするためには食に関する知識や食を選択する力の修得が必要不可欠。食育の知識を修得したことを証明する各種資格が登場しています。

そこで今回は初学者向けの比較的取得しやすい資格をご紹介。どの資格も自分のペースで、空いた時間に勉強できるものばかり。比較的合格率が高いので、勉強が無駄になりません。独学で食育の資格を取得したい方、ぜひご一読下さい。

独学で取得が目指せる食育・栄養関連資格!

独学で受験できる難易度低めの食育関連資格には「食生活アドバイザー」と「フードコーディネーター」があります。食生活アドバイザーとは、広い視野に立って食生活をトータルにとらえ、健康な生活を送るための提案ができる能力を示す資格。フードコーディネーターは新たな食生活や食ビジネスの創造・改善を提案できる人材であることの証明書です。

食育に対する関心が高まる中、注目度の高い両資格。初級はどちらも難易度が低めです。「キャリアの幅を食方面に広げたい」という方、「実生活にも役立つ資格を取得したい」という方にオススメの資格です。

食生活アドバイザー

試験概要
食生活アドバイザーの試験は受験資格がなく、誰でも受験可能です。「食生活全般のスペシャリスト」の証明書ですので、出題範囲は広大。食品学から食文化、社会生活全体から出題されます。しかし、どの問題も皆さんの日常生活に密着した内容ばかり。試験に向け身につけるのはそのまま実生活に役立つ食育の知識なので、自然と学習意欲が湧いてきます。

食生活アドバイザーには3級と2級があります。出題範囲は両方とも同じ(栄養と健康、食文化と食習慣、食品学、衛生管理、食マーケット、社会生活の6分野)。出題形式は選択問題(マークシート)で、2級は記述式問題が追加されます。3級は60点以上(100点満点)、2級は74点以上(123点満点)で合格。試験は年2回実施され、試験時間はともに90分です。3級と2級を併願し、同時に資格取得することも可能。検定料は3級4,700円、2級7,300円、併願の場合12,000円です。

受験対策
試験実施団体のFLAネットワーク協会のホームページに試験の模擬問題があるのでまずはチャレンジ。最初に自分の食育に関する知識レベルをチェックしましょう。模擬問題は3級と2級の双方準備されています。

受験対策に使えるテキストや問題集、用語集はFLAネットワーク協会、U-CAN、食生活アドバイザー公認講師が執筆したものが準備されています。勉強は楽しみながらやることが大切なので、「読んでいて楽しいかどうか」を基準に自分に合ったテキストを選んで下さいね。

独学のコツ
1日30分から1時間程度勉強できるなら、1ヶ月半ほどで3級合格に必要な知識が身に付きます。3級と2級のダブル合格を目指す場合は4ヶ月程度の勉強時間を見込んでおいて下さい。

独学は自分の勉強スタイルに合わせて組み立てるのがコツ。自己管理能力が高い人は、問題集と参考書を買って自分で勉強しても十分対応可能。自分で学習ペースをつくるのが苦手な方は通信講座で勉強することをおすすめします。

>> 食生活アドバイザーについて詳しくはこちらから

フードコーディネーター

試験概要
フードコーディネーターは『新しい食の「ブランド」「トレンド」を創る、食の「開発」「演出」「運営」のクリエーター』の証明書。この資格は日本フードコーディネーター協会が認定しています。有資格者の多くは食の開発、演出、運営の分野に携わっています。

フードコーディネーター資格認定試験は、3級から1級まで実施されてります。1級は2級の認定が、2級は3級の認定が受験資格。そのため初学者はまず3級の合格を目指しましょう。3級は中卒以上であれば誰でも受験できます。

試験科目は「デザイン・アート」「経済・経営」「文化」「科学」の4つ。調理師、栄養士、管理栄養士、製菓衛生師の有資格者は、「文化」「科学」の受験が免除されます。試験は年1回実施され、2科目当たり80分で回答します(4科目受験の場合は80分+80分)。マークシート方式で、問題数は1科目当たり50問前後です。受験料は2科目13,000円、4科目21,000円です。

受験対策・独学のコツ
まずは日本フードコーディネーター協会が発行する『フードコーディネーター教本』で受験勉強を始めましょう。教本は認定試験に完全対応。受験する4科目全ての分野を網羅しています。自分の取り組みやすい分野から始めてもOK。受験日に向けて計画的に読み進め、ポイントを自分なりにまとめましょう。

一通り学習を終えたら、『過去問題集』にチャレンジして下さい。出題傾向は変化するかもしれませんが、出題形式は大きく変更されません。試験に慣れるためにも最低でも過去3年分、余裕があれば過去6年分の過去問を解いておきましょう。

「どうしてもテキストの内容が頭に入ってこない」「範囲が広すぎて、受験が不安だ」という場合は、協会が試験の直前に実施する試験対策講座に参加しましょう。4科目受験の場合、21,000円の受講料がかかりますが、講師がわかりやすく受験のポイントを教えてくれますので安心して試験に臨めます。

>> フードコーディネーターについて詳しくはこちらから

食育講座・スクール比較初心者にオススメ!取得しやすい食育資格

フードコーディネーターや食生活アドバイザーの初級は難易度が低いとはいえ、試験はあります。そのため不合格になることも。「確実に合格したい」という方には、食育実践プランナーと食育インストラクターの資格がオススメ。

食育実践プランナー、食育インストラクターはともに、食育の基礎を修得し、日々の生活に活かしたり、知識やノウハウをわかりやすく伝えたりする食育のスペシャリスト。どちらも合格率は「100%」なので「フードコーディネーターや食生活アドバイザーは難易度が高そう…」「確実に資格を手に入れたい」という方にオススメの資格です。

食育実践プランナー

試験概要
食育実践プランナーとは、健全な食生活を実践し、正しい食育の知識の「伝道師」としての能力を持っていることを示す資格。学歴などの受験資格はありませんので、誰でも受験可能です。日本味育協会が資格を認定しています。

資格を取得するためには、ユーキャンの通信講座「食育実践プランナー講座」を受講することが必須。講座には資格試験も含められています。試験方式はマークシート方式で、70%の得点率をクリアすれば無事に試験合格。試験は自宅で受験でき、自分で受験のタイミングを選べるタイプ。自らの勉強のペースに合わせて受験時期を選択できます。

受験対策・独学のコツ
基本的には「食育実践プランナー講座」で準備されている5冊のテキスト通りに受験勉強すれば大丈夫。サブテキストも充実しており、食育に対する理解と教養を楽しみながら深めることができます。

「通信講座は一人で勉強するので、本当に理解できているか不安」という方もいるかもしれません。しかし、同講座には5つの添削課題が付いており、自らの理解度を途中でチェックすることが可能。課題を通じて理解不足が明らかになった部分を集中的に復習することができます。

なお、同講座の6回目の添削課題が資格試験を兼ねており、70%以上の得点率であれば無事に試験合格です。食育実践プランナーのすごいところは、受講期間(6ヶ月)以内であれば何度でも受験可能であること。間違えたところを勉強し直して、再受験することで着実に合格ラインに近づけます。

>> 食育実践プランナーについて詳しくはこちらから

食育インストラクター(プラマリー)

試験概要
食育インストラクターとは食育の基礎を修得し、日々の生活に活かし、社会で食育を広められる指導者であることを証明する資格です。1級からプライマリーまで5段階のレベルが設定されており、初心者にオススメなのが「プライマリー」です。

資格はNPO日本食育インストラクター協会が認定しています。協会が指定する「食育インストラクター養成講座」を修了するのが、資格取得の条件。講座に付属する最後の修了認定のための課題を提出し、合格すれば無事に資格取得です。

受験対策・独学のコツ
「食育インストラクター養成講座」で準備されている5冊のテキスト通りに勉強するのが合格の近道。テキストは食育の基礎、食材、食習慣・マナー・健康、地球に優しい食生活を順に学んでいく内容に。通信講座なので勉強する時間や場所を縛られることはありません。

テキストを1冊終えるごとに指導課題を提出。課題は本講座の専任講師が添削し、受講者に戻されます。添削によって自分の理解が至らかなかった点が把握できるので、確実に食育の知識を修得し、資格取得に結びつけることができます。

通常6ヶ月で講座を修了できますが、急ぐ人なら3ヶ月で終えることも可能。この食育通信講座の優れた特徴は6ヶ月の受講期間に加え、プラス6ヶ月の受講延長が可能な点。延長しても追加の料金は不要です。自分の生活リズムに合わせて、受講期間を調整できるが嬉しいですね。

>> 食育インストラクターについて詳しくはこちらから

食育講座・スクール比較まとめ

独学で取得が目指せる食育・栄養関連の資格をご紹介してきました。食育・栄養関連の資格はキャリアの幅を広げるだけでなく、自分たちの生活にそのまま活用できるのが嬉しいポイント。上記の資格はどれも自分の生活スタイルに合わせて勉強できるので、独学で資格を取得したい人にピッタリです。自分に合った資格を見つけ、まずは勉強をスタートさせましょう。

>> 食育資格の種類についてはこちら
>> 食育の通信講座を探す
>> 食育のスクール・通学講座を探す ( 東京 / 埼玉 / 神奈川 / 愛知 / 北海道 )
>> その他のエリアで探す

食育講座・スクール比較

さらに詳しく

さらに詳しく

食育の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 東海 関西 九州・沖縄

最新情報

食育の関連資格
調理師 栄養士 フードコーディネーター 漢方・薬膳 食育 管理栄養士 マクロビオティック(マクロビ) ハーブ 介護食 幼児食

おすすめスクールレポート