資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

AFP資格の気になる難易度や合格率を紹介します!

働き方改革の影響により、学生だけでなく社会人の間でも流行している資格取得。
副業に繋げる、独立したいという目的もありますが、人生の幅を広げたいという考えも大きいようです。
中でも、日々の暮らしと密接に関係する分野のファイナンシャルプランナー資格に注目が集まっています。
家計を通した将来設計をコンサルティングするファイナンシャルプランナー資格。
レベル別に複数の資格が存在しているのですが、今回はその中でも上級に値するAFP資格について紹介します。
難易度や合格率について徹底解説しますので、これから資格取得を考えている方はぜひ目を通してみてください。

更新日:2021-03-29(公開日:2020-05-28)

AFP資格の難易度・合格率について

AFP資格の気になる難易度や合格率を紹介します!のイメージ

FP2級と同じくらいの難易度といわれている

AFP資格の難易度ですが、2級FP資格と同等のレベルと言われています。
AFP資格取得の際に行われる「AFP資格審査試験」が「2級FP技能検定」と同じものになっていますので、2級FP資格を取得できるレベルであれば問題ないでしょう。

そもそもAFP資格は一般のFPと何が違うのかという話ですが、日本FP協会によると「FPとして必要な基礎知識を十分に持ち、相談者に適切なアドバイス・提案ができるFP技能の習得者に与えられる資格」となっています。
質の高いファイナンシャルプランナー養成、継続的な能力向上を図るために設置されたようです。

では、AFP資格取得するための方法を見ていきましょう。
単純に試験に合格すれば良いというわけではなく、方法も複数に分かれているので注意してください。

(A)【基本的なルート】
AFP認定研修の修了(基本課程) → 2級FP技能検定に合格 → AFP資格登録手続き → AFP認定

(B)【FP実務経験が2年以上ある場合】
2級FP技能検定に合格 → AFP認定研修の修了(技能士課程) → AFP資格登録手続き → AFP認定

(C)【3級FP技能検定に合格している場合】
AFP認定研修の修了(基本課程)+ 研修受講中に、2級FP技能検定に合格 → AFP資格登録手続き → AFP認定
※(B)と(C)の場合はどちらのルートでも可

上記の点からも、AFP資格単体の試験というよりは、「FP2級技能検定」が試験として設置されていると考えた方が良いでしょう。
難易度・合格率に関しても、「AFP認定研修」に関しては真面目に通えば落とされることはないので、2級FP技能検定のみに注意すれば良いことが分かります。

2級FP技能検定では学科試験と実技試験が設けられており、例年40%前後の人が両試験に合格しています。
個別で見ると、実技試験の合格率は平均60%を超えていますので、そこまで難易度が高い試験とは言えないでしょう。
ただし、AFP認定研修は受講開始から1年以内に修了しなければならないため、スケジュールを管理し、学習計画を立てなければいけない点は忘れないでください。

まとめ

当ページでは、AFP資格の難易度・合格率についてご紹介いたしました。

AFP認定研修はまず落とされてしまうことはないので、AFP資格の単体というよりも、前提となる2級FP技能検定を試験の難易度・合格率は、学科・実技試験で約40%の方が合格しており、実技試験も合格率を60%を超えていることを考えると、そこまで難易度の高い試験ではないということがわかりました。
AFP認定研修は、受講開始から1年以内に修了することを定められています。
学習計画などを立ててスケジュールを管理し、合格を目指して学習されることをおすすめいたします。

関連特集

FP(ファイナンシャルプランナー)の資料請求

通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

さらに詳しく

最新情報

FP(ファイナンシャルプランナー)の関連資格
簿記 公認会計士 税理士 FP(ファイナンシャルプランナー) CIA(内部監査) 建設業経理士 IFRS(国際財務報告基準)

おすすめスクールレポート