資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

キャリアコンサルタント国家資格取得の流れ

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは、就・転職やキャリア開発を考えている人に対して、その人の適性や希望に応じた仕事を探したり、希望の職種に就くためにどのような経験を積めばよいかをアドバイスしたりする専門家のことを指します。

キャリアコンサルタント国家資格取得の流れ イメージ

2015年9月に厚生労働省よりキャリアコンサルタントが国家資格化する法案が可決されたとの発表がありました。これに伴い、類似した職業名の使用ができなくなりなります。また、5年ごとに免許の更新をしなければならいため、職業としての価値や認知度も向上するのではないかと考えられています。

キャリアコンサルタント国家資格化について イメージ

2016年4月よりキャリアコンサルタントの資格に関する制度が変わり、国家資格として新たにキャリアコンサルタントが誕生しました。
キャリアコンサルタントとは、就・転職やキャリア開発を考えている人に対して、その人の適性や希望に応じた仕事を探したり、希望の職種に就くためにどのような経験を積めばよいかをアドバイスしたりする専門家のことを指します。
今回の新国家資格の誕生により、2016年4月以降にキャリアコンサルタントを目指す方は国家資格を取得する必要があります。(CDAなどの資格所有者は、2021年3月までに名簿登録をすれば国家資格が認められます。) 初心者から受験する方は、まず講習(キャリアコンサルタント養成講座)を受講・修了しましょう。

初心者から目指す方は「認定講習の受講・修了」が最短です! イメージ

初心者から国家資格キャリアコンサルタントを目指す方は、最短で受験資格が得られる認定講習の受講・修了がおすすめです。「厚生労働省が示すカリキュラムに基づいた140時間以上の講習」と定められているので、実務経験がない方でも短期間でキャリアコンサルタントの受験資格を得ることが出来ます。早いところでは、4月にスタートする講座もありますので事前にチェックしておきましょう。

講習カリキュラム
科目 時間数
1.キャリアコンサルティングの社会的意義 10時間
2.キャリアコンサルティングを行うために必要な知識 30時間
3.キャリアコンサルティングを行うために必要な技能 70時間
4.キャリアコンサルタントの倫理と行動 20時間
5.その他キャリアコンサルティングに関する科目 10時間
合計 140時間
キャリアコンサルタント講座・スクール比較 キャリアコンサルタントの活躍の場は? 活躍の場

キャリアコンサルタントの活躍の場は、大きく分けて4つあります。

① 人材紹介や人材派遣、アウトプレースメントなどの人材ビジネスを手がける企業。
② ハローワークをはじめとする公共の求職支援機関。
③ 大学・専門学校・高校などの就職相談窓口。
④ 一般企業の人事部やキャリア相談室など。

こんな人が向いています
  • 性格面「人のために役立ちたい」という気持ちを持ち、そのことにやりがいを感じられる人はキャリアコンサルタントの仕事に向いているといえるでしょう。
  • 技術面「クライアントの適性・能力・性格・価値観などを客観的に評価・査定する力、キャリア形成に関する基本的理論、高いカウンセリング力などが求められます。
キャリアコンサルタント講座・スクール比較

試験データ

項目 内容
資格・試験名 キャリアコンサルタント国家試験
試験区分 国家資格
主催団体 厚生労働省
受験資格 (1)厚生労働省が認定する講習の課程を修了した方が対象。講習の認定は2016年4月より順次行う。
(2)労働者の職業の選択、職業生活設計、職業能力開発および向上のいずれかに関する相談について3年以上の経験を有する方。実務経験について、受験資格として認められるかは個別判断となる。
(3)キャリア・コンサルティング技能検定1級または2級の学科試験または実技試験に合格した方
(4)上記の項目と同等以上の能力を有する方
合格率 -
出題内容・形式 学科試験+実技試験(予定)
検定料 学科試験:8,900円
実技試験:29,900円
問い合わせ先 日本キャリア開発協会



キャリアコンサルタントの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

おすすめスクールレポート