資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

男性でも医療事務はできる?

医療事務は女性のお仕事だというイメージが強い方も多いのではないでしょうか。実際、現場で働いている人の割合は圧倒的に女性が多数となっていますが、最近では徐々に男性の数も増えてきています。 給料に関しても、大企業と比べると下がりますが、一般的な事務員とは遜色がないレベルです。 患者の数が増え、その種類も多岐に渡るようになり、現場では幅広い業務に対応できる人材が求められています。

この記事では、男性が医療事務で働くにあたり知っておきたいポイントをまとめました。 医療事務の仕事内容から、男性だから得られるメリット、採用されるために気を付けたい点など細かく紹介していますので、最後まで読んでいただければ自身を持って医療事務の仕事に臨めると思います。

関連特集

医療事務の仕事内容とは

まず、医療事務とはどのような仕事内容なのか確認しておきましょう。

窓口で患者と応対する受付業務
来院した患者の保険証や診察券の確認、対応を行います。

レセプト業務
診療報酬請求業務といい、各患者さんのカルテを確認しながら請求額を集計します。

診察料の回収業務
診察料の不払いが起きた際に、回収・取り立てを行います。

患者搬送の補助・送迎
搬送されてきた患者の送迎や補助を行います。力に自信のある方は重宝されることでしょう。

他にもカルテの整理、会計業務も任されることもあり、病院によって医療事務の仕事も様々なものがあります。

仕事が多く、どれも責任が重大で大変そうに感じるかもしれませんが、機械による自動化が進んでいるので大きな心配はいりません。しっかりと知識を身に着けることで、安心して仕事に取り組めるでしょう。

>> 医療事務の仕事内容を詳しく知るには
>> こちらもチェック!レセプト業務とは?医療事務の仕事内容を知ろう

男性でも医療事務として活躍できる

医療事務の仕事内容は、男女ともに活躍できるものとなっています。しかし、現在は女性の割合が非常に多くを占めており、男性の数は極端に少ない状況です。 ある医療事務専門学校の男女比の割合は女性3に対して男性1という数になっており、就職を考えている人からして差があることが伺えます。

小規模な診療機関では男女比が更に女性に偏ることが多いそうですが、総合病院では半々といった場所もあります。病院の規模が大きくなれば、それに伴い患者の数や種類も多様化することで、医療事務の仕事も幅広くなることが理由とされます。 イメージでは女性が多い仕事ですが、現場では男性が増えてきています。

夜間診療を行うような病院であれば、それに対応する医療事務員も必要になります。 女性の医療事務員の場合は、夜間勤務に関してセキュリティ面から困難なケースがあります。その際に男性医療事務員は安心して任せることが出来ます。

医療事務の現場でもIT化が進み、様々なニーズに対応すべく変化しています。 性別ではなく、業務に必要とされるスキルを持っているかどうかが今後重視されていくのではないでしょうか。

男性が医療事務の求人を探すときのポイント

需要が多く見込まれる男性の医療事務ですが、求人を探す際にはポイントを絞ってみることをおすすめします。

まず、求人を出している医療機関にも大きく2種類あることを覚えておきましょう。1つ目は病院、2つ目は診療所です。2つの違いは規模の大きさ、細かく言えば入院設備としてベッドが20以上あれば病院になります。

この違いは仕事内容にも現れます。小さな診療所では、医療事務員の数も多くありません。そのため、それぞれが広い範囲の仕事をこなす必要がありますが、診療所で行われる仕事の数は病院に比べるとそこまで多くありません。一通りの事務作業を行うことになりますが、各診療所で定まった仕事を行うことになるでしょう。

逆に、大規模の病院の場合は事務員の数が多く、分業制が採られているケースが多いです。扱う患者の数・ケースも増えるため、様々な仕事がありますが、部署ごとに仕事が振り分けられるため事務員各々が扱う仕事の範囲は限られてきます。 業務内容で言えば、男性が力を発揮できるような仕事が見つかりやすい大規模病院がおすすめです。

また、個人経営のクリニックであったり、小規模の診療所ではまだ男性の医療事務の求人がそこまで多くありません。小規模な医療機関であれば業務自体もそこまで幅広くないので、女性に絞って求人を出している所が多く見受けられます。

男性の方が医療事務の求人を探すにあたり、おすすめできるのはやはり大規模な病院です。総合病院や大学病院の求人を見てみましょう。このような規模が大きい所は、求人の数が多く、実際の業務内容も多岐に渡るため、比較的マッチングしやすいイメージがあります。 仕事の幅が広がることで、自分の得意分野に繋がるものが見つかりやすくなります。

医療事務講座・スクール比較 採用されるために注意したいポイント

ここまでは求人を探す立場で医療事務について見てきました。逆に採用する側である病院は、男性の医療事務員にどのようなメリットを見出しているのでしょうか。採用するために注意したいポイントを考えるにあたり、病院側が男性の医療事務員に期待していることを考えてみましょう。

男性の医療事務員が勤務することで病院が得られるメリットは大きく4つ考えられます。 1つ目はクレーム対応を安心して任せることが出来るという点です。医療事務員が女性のみだと、滅茶苦茶なクレームを言ってくる患者が発生しやすい傾向があります。男性の医療事務員がいることで、そういった問題への対応が期待されます。

2つ目は、長期的に勤務してもらえることです。女性の医療事務員の場合、結婚や出産で退職するリスクがありますが、男性は長く働いてもらえることが見込めます。キャリアを積んでもらい、将来的には事務スタッフのリーダーを任せる人材になることを期待できる点は大きいでしょう。

3つ目は、夜間勤務への対応をお願いできる点です。女性の医療事務員の場合は、育児や介護で夜間対応が困難な人が多いです。そこで、夜間対応が可能であれば大変重宝されます。

以上、3つのメリットが男性の医療事務員には見込まれています。採用に挑む際にはこの3つのメリットをアピールすることで良い印象を与えることが出来ると考えられます。 面接の際には、自身の希望と併せて、病院側が男性の医療事務員に求めている素質に関しても主張したいところです。

医療事務講座・スクール比較 まとめ

男性の医療事務員の需要の高まりが増えつつありますが、現状数は足りていません。 この記事では、女性が多いイメージである医療事務員にも男性の活躍の場があることを解説しました。 退職リスクの少ない男性の医療事務員は長期的に勤務することで、将来的にはリーダー的ポジションが期待されます。

医療事務員の仕事が幅広い大規模な総合病院では、自分の力を活かす仕事が見つけやすいでしょう。 求人を探す際には、幅広い仕事があり、求人の数も多い総合病院や大学病院から見ていくことがおすすめです。 採用面接に臨む際は、男性ならではのポイントを強調し、病院側が求める人材を意識することが大切です。

様々な働き方、ライフプランが存在する現代において、医療事務の業務内容もも幅広くなっていく傾向にあります。 ぜひ、男性ならではの特徴を活かし、医療事務の仕事を目指してみてください。 現在、様々な医療事務の通信講座やスクールがあります。しっかりと知識を備えて、自信を持って仕事に臨めるように自身にあったものを探してみてはいかがでしょうか。

>> 医療事務の通信講座を探す
>> 医療事務のスクール・通学講座を探す ( 東京 / 神奈川 / 大阪 / 千葉 / 埼玉 / 兵庫 )
>> その他のエリアで探す

さらに詳しく

医療事務の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

医療事務の関連資格
医療事務 介護事務(ケアクラーク) 看護師 調剤事務 歯科助手 登録販売者 歯科衛生士 歯科技工士 看護助手 医師事務作業補助者 臨床検査技師

おすすめスクールレポート