資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

医療事務の国家資格はない!?それでも医療事務資格を取得するメリットとは


医療業界で働きたい方におすすめなのが医療事務の資格を取得することです。しかし、「国家資格ではないのに医療事務の資格をあえて取得する必要があるのだろうか」と考えておられる方もおられるかもしれません。

この記事では、国家資格ではないものの、医療事務の資格を持つメリットをご紹介します。これから医療事務の資格を取得しようか迷っている方に、参考にしていただければうれしいです。

医療事務に国家資格はない

医療事務の資格は非常に多くの種類があることをご存じでしょうか。調剤薬局、介護施設、歯科医院などでも活躍できるものを含めると「50種類以上もの資格がある」と言われています。さまざまな団体や教育機関が独自の検定試験を用いて医療事務の資格を認定しています。

しかし、どの医療事務の資格も「国家資格」ではなく「民間資格」なのです。国家資格と民間資格にはどんな違いがあるでしょうか。

同じく医療に携わる分野でも医師や看護師は国家資格です。医師になるためには国内の大学医学部に6年通う必要があります。医学部入学は難関ですので、理系ではトップクラスの成績が求められるでしょう。看護師も大学か3年制の看護学校に通うことが必要です。このような国家資格は難易度が高く、誰でも取得できないため「権威」があり、有資格者は就職に苦労することはありません。

その一方で、医療事務の資格は、受験資格が「不問」で学歴や性別、年齢にかかわらずどんな人でも取得できます。合格率も50%以上の資格も多く、他の医療資格と比べると取得しやすい資格です。難易度が低い分、国家資格のような権威はありません。

では、医療事務の資格を取得するメリットがあるのでしょうか。

医療事務講座・スクール比較医療事務の資格を取得するメリットとは? 就職に有利

医療事務の資格を取得していると、就職の際に有利になります。医療事務の仕事は「未経験可」「資格不問」「学歴・性別不問」で募集されることが少なくありません。そのため、医療事務の求人は人気で応募者が殺到することが多いのです。

しかし、間口が広いとはいえ、医療事務の仕事は誰にでも勤まるわけではありません。医療事務は受付窓口で働く「病院の顔」として非常に重要な役割を担います。また、信頼性のある会計業務で病院やクリニックの経営を支えます。

病院やクリニックの採用担当者は、応募者のなかからキラリと光るアピールポイントを持つ「ダイヤの原石」のような人を探したいと思っています。そこで役立つのが医療事務の資格なのです。

書類審査を通過しやすい
医療事務の資格を持っている応募者は、採用時の書類審査を通過しやすいと言えます。医療事務の資格は、医療上の特殊な会計である「レセプト業務」の基礎知識や、医療用語に通じていることの証明となります。これらの知識は、どの医療施設でも共通して必要になるものなので、医療事務の資格を持っている人は「即戦力」になると判断されることでしょう。同じような年齢・経験・学歴の応募者が複数集まった場合、書類審査で医療事務の有資格者が選ばれるのは当然のことです。

面接でアピールできる
医療事務の資格を持っていると、面接の場でも有利です。医療事務の仕事は、働く病院やクリニックによってシステムが違ったり、多くのことを覚えたりしなくてはなりません。医療事務の資格があるということは「新しいことを学ぶ意欲がある」ということを示す客観的な証拠になります。医療事務の資格があると、実際に就職してからどんな仕事をする可能性があるかもわかるので、将来のキャリアに関しても目標を語りやすいでしょう。

転職時も有利
また、より条件の良い病院やクリニックに転職する場合も、医療事務の資格は役に立ちます。現場での経験値に加え、医療事務に関する一定のスキルがあることの証明になるからです。

給与面での優遇

医療事務の資格があると、採用の時点で時給が高くなることも多いようです。医療事務は事務職のなかでも特殊なスキルが必要です。しかし、無資格者の場合は通常の会社事務と同じほどの給与しか得られないのが一般的です。

地域にもよりますが、未経験の人が医療事務の仕事を始める場合、800円~900円の時給で採用になることが多いようです。しかし、医療事務の資格を有していることで、最初から1200円~1500円を提示されることもあり得るのです。また、有資格者向けの資格手当を持っている病院やクリニックもあるため、医療事務の資格を持っていると給与面での優遇が期待できるのは大きなメリットのひとつでしょう。

後から資格取得する人が多い

これまで考えたように、医療事務の資格は国家資格ではありませんが、この資格を取得することにはメリットがあります。そのため、最初は医療事務の資格を持たずに働いている方も、やがては資格取得していくことが多いようです。

しかし、働きながら資格取得のための勉強時間をとるのは簡単でありません。また、資格取得を願いながらも、日々の忙しさのあまり試験勉強や受験のチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。

やがて医療事務の資格取得を目指して努力するつもりなら、少しでも時間に余裕のあるうちにチャレンジするのがおすすめです。

医療事務講座・スクール比較まとめ

医療事務の資格は国家資格ではありませんが、有用な医療系の民間資格です。就職や転職、給与面でも優遇されることが多いので、医療事務で働きたい方は、早いうちから資格取得を考えることをおすすめします。

>> 医療事務の通信講座を探す
>> 医療事務のスクール・通学講座を探す (東京 /神奈川 /大阪 /千葉 /埼玉 /兵庫 )
>> その他のエリアで探す

医療事務講座・スクール比較

関連特集

さらに詳しく

医療事務の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

医療事務の関連資格
医療事務 介護事務(ケアクラーク) 看護師 調剤事務 歯科助手 登録販売者 歯科衛生士 歯科技工士 看護助手 医師事務作業補助者 臨床検査技師

おすすめスクールレポート

シカク情報部新着記事一覧
お顔の老廃物を流してすっきりフェイスライン!すぐに実感!≪小顔リンパドレナージュ≫の1Day講座♪ お顔の老廃物を流してすっきりフェイスライン!すぐに実感!≪小顔リンパドレナージュ≫の1Day講座♪ 2019年04月15日
短期集中!夏までに取得できるおすすめ5資格|4月スタート特集 短期集中!夏までに取得できるおすすめ5資格|4月スタート特集 2019年04月11日
令和元年、人生100年時代の到来!多様化するキャリアによりニーズが高まるキャリアコンサルタントですが、今後の試験日程をご紹介♪ 令和元年、人生100年時代の到来!多様化するキャリアによりニーズが高まるキャリアコンサルタントですが、今後の試験日程をご紹介♪ 2019年04月11日
不調が分かってからじゃ遅い!?からだのサインに気づけるようになろう【後編】 不調が分かってからじゃ遅い!?からだのサインに気づけるようになろう【後編】 2019年04月10日
「国家資格キャリアコンサルタント」受験対策説明会 4月、5月開催決定! 「国家資格キャリアコンサルタント」受験対策説明会 4月、5月開催決定! 2019年04月01日

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9時から21時

ニュートン