資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

人気の医療事務!仕事のやりがいと魅力は何?

資格取得のためのスクール・通信教育校などのホームページや広告で必ず目に入るものの一つに医療事務があります。特に女性に人気が高く、女性の受講する資格講座ランキングでは1位になっていることも少なくありません。これは他の業種に比べ、安定性や将来性が高く、幅広い年齢層が取得を目指す資格であること、学歴や経験とは関係なく働ける仕事であることも大きな理由です。

また、医療関係の資格には登録販売者、調剤事務などいくつもの資格がありますが、その中でも医療事務は仕事のやりがい、様々な魅力の面からも人気です。 この仕事にはどんなやりがいや魅力があるのでしょうか。

関連特集

医療事務とは

それほど人気が高いのであれば医療事務を勉強してみようと思われるかも知れませんが、いざ自分が医療機関で働くところを想像してみると具体的には何をするのか分からないという方も多いようです。

医療事務はその名の示す通り、病院やクリニックなどの医療機関における事務職のことを言います。そして、事務職と一言で言ってもその中には様々な業務があります。 代表的な業務としては、診察の受付や会計をする「受付・会計業務」、患者さんと医療のスタッフをつなぐ橋渡し役とされる「クラーク業務」、そして医療事務の専門性がもっとも発揮される「レセプト業務」の3つがあります。

医療事務のお仕事:病院受付・会計業務

その3つの業務のうちの1つめ、医療事務の中でも一番想像しやすい「病院受付・会計業務」に触れていきます。

まず、病院の窓口となる受付をします。来院された患者さんから保険証を預かり、症状を聞き、診療申込書を書いてもらったり、それを基にデータを入力してカルテを作成したりします。また初診の患者さんに対しては診察券の発行なども行います。受付が終わったらどこで受診するのか、検査や診察までどうすればいいのかなどを案内するのもこの窓口業務になります。

診察、検査などが終わったら会計をします。患者さんがどの医療保険に加入しているのか保険証の種類を見分け、カルテや診察報酬点数表から請求額を計算して、その金額を伝え、実際にお金を受け取ります。

医療事務のお仕事:クラーク業務

2つめは「クラーク業務」です。クラーク業務には「外来クラーク」と「病棟クラーク」があります。

外来クラークとは患者さんと医師・看護師などの医療スタッフの間に立ち、事務作業全般を担う仕事です。具体的には受付業務、電話対応、患者さんの呼び出しや案内、レントゲンやカルテの準備、検査データの準備などがあげられます。診察室の中では医師の指示に従い、事務的側面からサポートをします。

病棟クラークの仕事は、入院病棟に常駐し、医師や看護師のサポートをする事務作業全般になります。仕事内容は多岐にわたり、入院患者の入院手続きや書類の受付、病室の手配、カルテの管理や名簿の作成、ベッドのネームプレートの用意や、患者さんの食事量のチェックなどを行います。また、ナースステーションでの電話対応、患者さんに対して入院に関する説明をすることも病棟クラークの仕事です。検査や診療に必要な器具の準備などが業務に含まれる場合もあります。

医療事務のお仕事:レセプト業務

3つの業務の最後は「レセプト業務」です。

保険診療では、診察の内容に応じてかかる報酬の金額がすべて点数化されています。医療事務はそれをもとにして、患者さんごとの診療行為を点数でまとめ、合計して、レセプト(診療報酬明細書)を作成、を点検、確認をします。

こうして作成されたレセプトは「社会保険診療報酬支払基金」か「国民保険団体連合会」の審査支払機関に提出され、そこで問題がなければ健康保険組合、共済組合、市区町村などに診療報酬を請求する流れとなります。つまり、レセプト業務とは正確な診療報酬請求書を作成し、提出する仕事のことを言います。

具体的な業務としては、レセプトのベースである診療情報をレセプトコンピューターに入力することから始まります。多くの場合、必要事項を入力すると自動的に診療報酬点数が自動的に計算されるようになっています。

次にこれをレセプトとして出力(作成)し、点検をします。実はこの点検作業こそレセプト業務の主たるものと言えます。入力が間違えていないか、申告内容とレセプトの中身が異なっていないか、記載事項の整合性は取れているかなどをきちんと点検し、間違いを発見したら速やかに修正をします。

これらすべてが終われば医師による確認を受け、必要ならば修正を行い、完成した物を審査支払機関に提出する流れになります。もし、何らかの問題があって返戻を受けた場合、もう一度レセプトの精査、修正を行って再提出をします。

>> 医療事務の仕事内容・資格の種類について詳しくはこちら

医療事務講座・スクール比較 医療事務のやりがいって何?

患者さんの受付や会計、案内だけでなく、細かい作業やサポートをメインに色々な業務を手掛けるこの仕事は縁の下の力持ちと呼ばれることも多く、楽な仕事ではないかも知れません。

しかし、それを上回るやりがいや魅力があるからこそ、資格講座ランキングで1位になるほど人気のある資格であり、その先の仕事へ結びついていると言えます。 最初に触れたとおり、女性に、そして広い年齢層に人気の医療事務、まずそのやりがいについて詳しく掘り下げてみましょう。

医療に携わることで、社会貢献していると実感できる

やりがいの一つに医療に携わることで、社会貢献をしているという実感を得られるということがあります。

医療事務は直接患者さんの診察、怪我や病気の治療をする役割ではありませんが、実際に医療の第一線で仕事をする医師や看護師を事務的な面から的確にサポートすることで、その負担を減らし、結果的に患者さんにより充実した医療を提供することができる社会貢献度の高い仕事です。

医療事務員も立派な医療機関の一員であり、その仕事は病院全体の業務や患者さんへの医療の提供を円滑に行うための大切な役割と言えるのです。

患者さんとのコミュニケーションも取れる

医療事務はコミュニケーション能力を求められる仕事であり、どんな事態でも落ち着いて対応したり、患者さんやご家族からのクレームの対応をすることも求められる仕事です。しかし、患者さんとのコミュニケーションは辛いことばかりではないのです。

前述のとおり、医療事務は受付・会計などの他にも案内など病院の顔になる業務を行います。体や心の不調、不安などを抱えて来院した患者さんに笑顔を向けて心配りをし、的確な案内や説明をすることで、患者さん達の安心や信頼感が高まります。実際にご自分がそういう経験をされた方も多いのではないでしょうか。更に患者さんと向き合い、お話をして、直接感謝をされる仕事であり、色々な方と出会って学びを得られる仕事でもあります。

医療事務講座・スクール比較 医療事務の魅力って何?

医療事務には様々な魅力がありますが、その中でもよく言われるものに下記のようなものがあります。

・ライフスタイルに合わせて仕事がしやすい。
・年齢に関係なく、学び、働くことができる。
・学歴・経験を問わない。
・正社員を目指すことができる。
・全国どこででも働ける。

年齢や学歴、経験などとは関係なく学べてそれを仕事にできるだけでなく、正社員としての雇用も見込めるため、安定性や将来性もあります。女性だけでなく男性にとっても大きな魅力であると言えます。

結婚しても出産しても仕事復帰しやすい

医療事務の魅力の中でも触れたとおり、ライフスタイルに合わせて仕事がしやすい、子育てと両立できるというのが、女性人気の理由でもあります。

独身時代はフルタイムの正社員として働いていても、一度結婚・出産を機に家庭に入り、社会から離れてしまうと、子育てをしながらの再就職はなかなか難しいというお話をよく聞きます。しかし、医療事務はパートタイマーとしても働くことが可能で、女性が多いことからブランクがあっても復帰しやすい仕事です。働く日数や時間を決めての仕事なら家庭と仕事の両方を大切にできるので、女性はもちろん、そのパートナーや家族にも大きな魅力になります。

全国どこでも活躍できる

結婚や家族の転勤などの都合で働き慣れた土地を離れることになっても、医療事務は役に立ちます。病院は全国にあり、その資格やスキルはどこに行っても通用するからです。

更に景気変動の影響を受けない医療の現場は安定性に優れた職場であり、少子高齢化の影響もあって医療事務員の数も増え続けています。今後は病院やクリニックだけでなく、高齢者介護の業界においても医療事務の需要が高まっていくことが予想されます。病院だけでなく、高齢者介護に関する施設も全国にあるので、全国に職場があると言えるのです。

医療事務講座・スクール比較 医療事務の資格をとるには独学でもできるのか?

実は医療事務にはたくさんの種類の資格があり、中でも人気のある「診療報酬請求事務能力認定試験」や「医療事務管理士技能認定試験」などの受験資格が特に定められていない資格ならば初学者が独学で目指すことも可能です。しかし、一番認知度の高い「診療報酬請求事務能力認定試験」は合格率約30%と最難関の資格です。

医療事務は専門性の高い仕事となるため、診療報酬の計算の仕方や、レセプトの作り方をはじめ、様々な専門用語や知識を学ぶことになります。現在すでに医療事務に従事していて資格取得を目指す方は経験に基づく勉強ができるかもしれませんが、そうでない方が独学で合格を目指す場合、費用を抑えることができる代わりに、一人でテキストを選び、勉強の方向性を探り、モチベーションを保つことが大きな課題になってきます。

一方スクールや通信講座を利用する場合、受験する資格に合ったカリキュラムや勉強方法、テキストの選定などだけでなく、直近の試験の傾向などの重要な情報を提供してくれるため、勉強のリズムが作りやすく、分からないところは講師に質問できるというメリットがあります。また、医療事務に必要な診療報酬改正が2年に1度行われるため、それに対応した問題集なども用意されています。更に、取得した資格を活かすために就職サポートや支援を行っているところもあります。

専門的で正しい知識を効率よく身に着けるためには、勉強の方法を選択するのも大切です。

>>医療事務になるには?未経験でもなれるの?仕事内容や資格について解説
>> 医療事務の通信講座を探す
>> 医療事務のスクール・通学講座を探す ( 東京 / 神奈川 / 大阪 / 千葉 / 埼玉 / 兵庫 )
>> その他のエリアで探す

さらに詳しく

医療事務の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

医療事務の関連資格
医療事務 介護事務(ケアクラーク) 看護師 調剤事務 歯科助手 登録販売者 歯科衛生士 歯科技工士 看護助手 医師事務作業補助者 臨床検査技師

おすすめスクールレポート