資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

医療事務とは?仕事内容から給料、資格について解説

医療事務の現場は女性が多く、結婚・出産・子育てなどのライフイベントに応じて女性が長く働けるような場が整っています。結婚前は正社員として知識や経験値を積み、結婚後は高時給のパートタイマーとして医療事務をしている人も少なくありません。また、医療事務の資格はその種類も多く、より上位・専門的な資格を取得することで、スキルアップを図ることができやりがいのある仕事なので、働く女性達に人気があります。この記事では、今、注目の医療事務とはどんな仕事なのか?また、どんな資格があるのか。給料や待遇などはどうなのか?医療事務に関心のある方が、気になるところを、まとめてみました。ぜひ、参考にしてください。

関連特集

医療事務とは?仕事内容は?

病院やクリニックなどの医療施設で、経理や受付などの事務職員として働くのが「医療事務」です。医療事務は、医療保険制度の知識や、カルテの取り扱いなど、一般職の会社では扱わない特殊な事務仕事を行います。

医療事務の仕事内容は、働く病院やクリニックの規模に応じて変化しますが、大きく分けて「窓口業務」「レセプト業務」「クラーク業務」といったものがあります。小さな医療施設の場合は、受付窓口から会計は当然ながら、医師・看護師の秘書や助手のような役割をこなすこともあります。

【窓口業務】

医療事務といえばイメージするのは「窓口・受付」ではないでしょうか。患者さんから保険証を預かったり、診療のための必要書類に記入してもらったりします。待合室と一緒になっている窓口の場合は、医療事務が「病院の顔」としての役割を果たします。そのため、一般事務に比べて高いレベルの接遇・マナーが求められます。医療事務は患者との接点が多くあります。昨今は、病院人気ランキングなどが雑誌やウェブメディアなどにも特集されるようになっているため、医療事務は、病院が患者から好意的な評価を得るかどうかを分ける重要なポジションともなっています。

【レセプト業務】

医療事務の仕事内容で、特に大事なのはレセプト業務です。レセプト業務とは「診療報酬請求」のことです。医療保険制度が充実している日本では、患者側の診療費の負担は一部に過ぎません。残額の診療費は病院側から保険者(国や自治体・健康保険組合・国民健康保険組合・共済組合など)に請求されます。診療費の請求のためには、医師が書いたカルテを見ながら、保険診療で定められた診療行為を点数にして計算し、請求書を起こす必要があります。レセプトは、毎月10日までに提出しなければならず、月末から月初めは非常に忙しくなります。保険制度は定期的に変わり、診療報酬点数も2年ごとに改正されるため、医療事務は常に勉強が必要な仕事と言えます。当然ですが、レセプト業務がなされなければ、医師がいくら診療をしても収入にはならないため、病院経営にとって医療事務は欠かすことができないポジションであるといっても過言ではありません。

【クラーク業務】

また、医療事務は医師や看護師の秘書としても働くことが多く、患者と医療スタッフの架け橋として働く機会が多くあります。これを「クラーク」業務と呼びます。特に大きな病院では「外来クラーク」と「病棟クラーク」の仕事を医療事務が受け持ちます。この仕事には、カルテやレントゲンの準備から、入院・退院手続きなども含まれます。当然、患者や家族から質問されることも多くあるので、ある程度の医療知識を持つことが必要です。また、同時に医師や看護師とのコミュニケーションも必要です。クラーク業務を行う医療事務には専門的な知識と、高いコミュニケーション能力が求められると言えるでしょう。

医療事務の仕事は、フルタイムで正社員として働く人もいますし、出産後にパートタイムで仕事復帰する人もいます。多様な働き方ができるのがメリットなので、特に幅広い年代層の女性に人気です。女性が多い職場なので、出産や子育てなどに理解があるのも働きやすさの秘訣といえるでしょう。医療職の多くは資格を取得する受験資格や資格取得後の就職面でハードルが高いことが多いですが、医療事務は学歴や年齢に関わりなく資格取得ができ、就職もしやすい職といえます。

>> 医療事務の資格 最短取得の方法についてはこちらから

医療事務講座・スクール比較 医療事務の資格とは?何ができるの?

医療事務の仕事をするためには、資格は必ずしも必要ありません。しかし、カルテを読んだり、診療報酬計算をするためには、ある程度の医療知識が必要です。また、働く医療施設によっては独特な知識が必要なこともあります。そのため、医療事務の資格を取得してから就職するのが早道となります。

しかし、医療事務の資格は、医科・歯科・調剤・介護など他分野に渡る非常に多くの種類があり、それぞれにできることに特徴があります。どの医療事務資格を取得すべきか迷いが生じるかもしれません。そこで、いくつかの代表的な医療事務に関わる資格と、それぞれの資格で何ができるかを説明します。

医療事務系の最も有名な資格は「医療事務技能審査試験」です。合格すると「メディカルクラーク®」と呼ばれるようになります。レセプト業務や窓口業務など、医療事務に必要な知識があるという証明になります。実務に適した資格なので、即戦力となります。

レセプト(診療報酬明細書)作成のスキルを磨くための資格として「診療報酬請求事務能力認定試験」があります。医師が書いたカルテを読み解くことが必要なため、医療用語に関する基礎知識や医療保険制度の知識、診療報酬、介護保険制度などの総合的な知識を得ることができます。全国どこに行っても、医療施設ではレセプト業務は必要になるため、この知識と経験を有していると就職には苦労しないでしょう。

医師の事務作業を補助する「医師事務作業補助技能認定試験」もあります。合格者は「ドクターズクラーク®」と呼ばれます。医療現場で必要な書類、各種の診断書や証明書、処方箋などを作成するスキルを身につけることができます。上述の資格に加えて、6ヶ月以上の実務経験などが受験資格になっています。ハードルは低くはありませんが、スキルの高い医療事務資格の証明となります。

上記の3つは主に医療事務として働く場合に身につけておくとよい資格です。さらにステップアップを目指すなら、他にもいろいろな特色を持った医療資格があります。大きな病院で医療事務として働く場合には、コンピュータ系の資格を持っておくと強みになります。例えば、カルテ(診療情報)などの個人情報をしっかり管理するための医療情報管理に関する資格「診療情報管理士」「診療情報管理技能認定試験(メディカル・レコード・コーディネーター)」などがあります。電子カルテや電子レセプトを使いこなすための「医事オペレータ技能認定試験(メディカルオペレータ)」「医事コンピュータ技能検定試験」などを取得していると、医事コンピュータに関する一定の知識レベルがあることの保証となります。

当然ながら、これらの医療事務関連資格すべてを取得することはかなり難しいです。そこで、基本的にはレセプト業務、医療事務の基本について学ぶ資格を取得したあとに、働く職場で求められる業務に応じてスキルアップとして、必要な資格取得を目指していくというのがおすすめです。

医療事務のお給料はどのくらい?平均は?

医療事務は、ほかの事務職とは違い専門的な医療知識が必要になるため、やりがいがあります。では、医療事務のお給料はどのくらいなのでしょうか。

医療事務の仕事につくのは女性が多く、働き方はパート、正社員、派遣社員、などさまざまで単純な比較はできません。順番に見ていきましょう。

医療事務が人気の理由は、パートタイムでの求人が多いことです。子育てをしている主婦でも、近所のクリニックや病院で診療時間内に短時間だけ働くことができます。パート職員として医療事務をする場合は、最初は時給800円~1,000円が基本で一般事務職の時給とあまりかわりません。レセプト(診療報酬明細書)業務に関する知識や経験、資格を有している場合は、1,000円~1,300円以上もあり得ます。

正社員として働く場合の給料の平均は、初任給15万円~18万円で、ほかの事務職と比べてもそれほど高いわけではありません。しかし、医療事務の専門的な資格を取得したり、実務経験値を積んでくると昇級の見込みが高まります。医療事務のメリットは、学歴や年齢による給料の差が少ないことです。一生懸命スキルアップを図るなら、相応に評価してもらうことができ、医療業界で働く醍醐味を味わうことができます。

派遣社員、もしくは業務委託契約の社員として働く場合を考えてみましょう。この場合は、病院が直接雇用するわけではなく、医療事務の業務代行会社の社員となり病院や医療関連施設に派遣されることになります。派遣で医療事務職に就くとしても、給料の平均は正社員とあまり大きく変わりません。やはり15万円~18万円が基本で、資格・実務経験の有無により、月収20万以上も可能です。派遣のデメリットは、契約期間が決まっていること、各種手当てがつかない可能性があることです。しかし、派遣として働くことで病院だけではなく、歯科医院、調剤薬局、介護施設などで働くこともできます。また、比較的自分のライフスタイルに合った時間・仕事内容の医療事務職に就きやすいメリットがあります。

このように医療事務は、ほかの職種と比較して、特別に給料が高いわけではありません。しかし、医療に関わる専門職の特徴がありつつも、比較的自由な働き方ができるところがメリットです。また、医療事務に関わる専門的な資格を取得していくことで、スキルアップを図り昇給も目指せるのは、ほかの事務職にはないチャンスの機会が多いといえますね。

医療事務の資格を持っているとどんなメリットがあるの?

医療事務は資格を持っていなくても就職することができます。働きながら仕事を覚え、そのあとに資格を取得する人も少なくありません。しかし、医療事務に関する資格をあらかじめ取得しておくことにはメリットがあります。

一般事務職と同じように、医療事務の場合、勤め始めてからの昇給はあまり期待できません。資格を取得しても、それがそのまま資格手当に反映されることは、それほど多くはありません。そのため、働き始める時点で、医療事務の有資格者であることをアピールすれば時給や月給が高くなりやすいです。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク®)は合格率が50%~80%の比較的安易な資格試験ですが、医療事務資格のなかではメジャーな資格と言えるでしょう。雇い主にとっても、基本的な医療知識や接遇・マナーがあることがわかるので、無資格より条件よく就職できる可能性も高まります。また、診療報酬請求事務能力認定試験はレセプト業務に関する基本的な知識があることを保証します。知識や実務経験がない無資格者よりも、時給では300~400円高くなることも考えられるでしょう。

現在、医療事務として働いている方は、さらに需要が高まっている医療事務の上位資格を取得するのがよいでしょう。とくに「診療情報管理士」など、医療機関のIT化に対応できる資格を持っていることは強みになります。診療情報管理士の資格は、2年制の通信教育などで資格を得る必要があり、資格取得のハードルが高いだけに、資格手当も期待できます。

医療事務の上位資格を取得し、経験を積んだあとは、その資格を武器に転職も考えられるようになるでしょう。ある人は、診療情報管理士としての資格や実務を武器に転職活動を行い、結果として年収を70万円以上あげることに成功しました。経験値を積むにつれて、医療事務職のなかでも管理業務などにも携われるようになるため、転職するたびに給料アップに成功する人もいるようです。

医療事務講座・スクール比較 まとめ

医療事務は経験の有無や学歴に関係なく誰でも働きやすい仕事です。その一方で、仕事に習熟し、複数の医療事務資格取得など、知識と技能のスキルアップを図ることもできます。病院やクリニック、他の医療施設にとって欠かすことができない医療スタッフのひとりとして安定した職を得ることもできるでしょう。

>> 医療事務の通信講座を探す
>> 医療事務のスクール・通学講座を探す ( 東京 / 神奈川 / 大阪 / 千葉 / 埼玉 / 兵庫 )
>> その他のエリアで探す

医療事務講座・スクール比較

さらに詳しく

医療事務の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

医療事務の関連資格
医療事務 介護事務(ケアクラーク) 看護師 調剤事務 歯科助手 登録販売者 歯科衛生士 歯科技工士 看護助手 医師事務作業補助者 臨床検査技師

おすすめスクールレポート