資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

日本語教育能力検定試験とは?難易度や合格率

日本語教師として認められる条件のうちの一つ、日本語教育能力検定試験。合格率は例年20数パーセントと、決して簡単な試験とは言えません。ここでは、日本語教育能力検定試験の難易度、そして学習方法について解説したいと思います。

公開:2019-02-06 15:55 (最終更新:2019-06-21 14:53)

日本語教育能力検定試験の難易度

日本語教師_nannido

日本語教育能力検定試験とは

日本語教育能力検定試験は、日本国際教育支援協会が主催する検定試験で、日本語教育に携わる者として一定の水準を満たしているかを検定する試験です。一説によると、試験に合格すると、大学で日本語教育を副専攻で修了したのと同等の知識量があると言われています。

日本語教育能力検定試験では、日本語の言語的な知識、教授法などの教育に関する知識、日本語教育の歴史などを問われます。また、音声を聴いて答える音声学に関する問題もあります。

合格率

日本語教育能力検定試験の実施団体である日本国際教育支援協会が発表している例年の受験者数と合格者数をまとめました。およそ21%から26%の間で推移しています。

実施年度 全科目
受験者数
合格者数 合格率
平成20年度(2008年) 4,740 1,020 21%
平成21年度(2009年) 5,183 1,215 23%
平成22年度(2010年) 5,584 1,197 21%
平成23年度(2011年) 5,732 1,527 26%
平成24年度(2012年) 4,798 1,109 23%
平成25年度(2013年) 4,374 1,001 22%
平成26年度(2014年) 4,362 1,027 23%
平成27年度(2015年) 4,727 1,086 22%
平成28年度(2016年) 4,907 1,231 25%
平成29年度(2017年) 5,733 1,463 25%

難易度

合格率から日本語教育能力検定試験の難易度を推し量ることはできます。

日本語教育能力検定試験は、受験すれば誰でも合格できるような試験ではありません。試験に十分備えていても合格できない場合もあるほどです。ですから、受験を決めたら試験までの勉強を計画的に進めることが重要になってきます。

日本語教師講座・スクール比較

日本語教育能力検定試験の勉強方法

計画的な勉強

上の項目でも触れましたが、日本語教育能力検定試験の合格を目指すうえで重要になってくるのは計画的な勉強です。それというのも、日本語教育能力検定試験の範囲はとても広く、この広い範囲の網羅的な勉強に加え、試験に備え問題を解く練習も必要だからです。この膨大な量の勉強を試験までに行うには、綿密な計画を立てる必要があります。

仕事をしながら検定試験の合格を目指す場合、例えば、1日に当たり2時間と決めて毎日勉強するとか、毎日通勤時間に用語を覚えるようにして問題集を週末に解くなど、1日のスケジュールを決めたり、全体の学習期間を半年として、4ヶ月は練習問題を解きながら復讐するなどの勉強に徹し後半の2ヶ月を本試験の練習をするなど、長期的な学習計画を組み立てたりといったことです。

独学で日本語教育能力検定試験合格を目指す

独学で勉強するうえで重要になってくるのは、上記に上げたような計画性と、テキストや参考書といった教材選びとなるでしょう。

例年、検定試験の主催団体である日本国際教育新協会からは、前年の過去問題集が販売されています。過去問題集は出版社が作った練習問題ではなく、実際の問題集なので試験対策には強い味方です。しかし、過去問題集には詳しい解説が付いていないので、解答を確認しながら理解を進めなくてはいけません。ですから、過去問のほかに並行して、丁寧な解説がついている問題集を解き進めるのもよい練習になるでしょう。また、問題集のほかに、用語集などもあるので、必要に応じて参考にして勉強を進めるといいでしょう。

日本語教師講座・スクール比較

スクールを利用して勉強する

日本語に限らず言語に関する知識や、教育に関する知識が全くない場合、独学で勉強を進めるのは厳しいかもしれません。どうしても経済的に余裕がなかったり、一発合格を目指さなくてもいい方は、それでも独学で勉強をするメリットはあるといえるでしょう。しかし、できるだけ早く合格したい方、金銭的にも少しは余裕がある方は、スクールの講座利用が効率的です。

スクールの講座には大きく分けて2種類あります。ひとつは日本語教師に必要な日本語や教育に関する知識を時間をかけて試験範囲を網羅的に勉強する講座、そしてもうひとつは、ある程度自分で勉強して試験の対策を短期間で行う、いわゆる試験直前対策講座と呼ばれるものです。


  • 試験範囲を勉強する講座
    試験範囲を網羅するような講座では、範囲が広い日本語教育能力検定試験の勉強を計画的に進めることができます。科目ごとの適切なカリキュラムが組み立てられ、カリキュラムに沿ったテキストがあるので、独学に比べ自分で学習計画を立てたり適切な参考書を用意する手間がありません。また、このような日本語教師の理論講座は通信講座で学べるところもあるので、仕事をしながら試験合格を目指す方にはうってつけです。
  • 試験対策講座 試験対策講座では、独学で試験勉強を進めていた方にとっては強い味方となるでしょう。独学だけではカバーしきれない自身の弱点も、スクールでは講師に直接質問する機会もありますし、音声学など独学では難しい科目も勉強できるのが大きなメリットです。試験対策講座は、短期間で集中的に試験対策を行う講座が主なので、ある程度自分できちんと勉強をしている方を対象とする場合が多いようです。また、模擬試験だけ受験できるスクールもあるようです。必要に応じてこのような講座を受講してみるといいでしょう。

日本語教師講座・スクール比較

関連特集

さらに詳しく

日本語教師の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

日本語教師の関連資格
通訳・通訳ガイド 日本語教師 児童英語教師

おすすめスクールレポート